CATEGORY

未分類

大卒就職率 過去最高の98%を記録|人手不足で 「売手市場」が鮮明に

文部科学省と厚生労働省は、今春卒業した大学生の就職率(2018/4時点)が前年比 +0.4ポイントの98.0%だったと発表しました。98.0%という数値は過去最高であり、就職戦線の「売手市場」がより鮮明になっていることがわかりました。 この春、卒業した大学生の就職率は98.0%と3年連続で過去最高を更新しました。今春卒業の高校生の就職率も+0.1ポイントの98.1%と8年連続で改善。バブル期の1991年以来、27年ぶりの高い水準となりました。文部科学省は「景気回復に伴い、企業の採用意欲が向上している」と分析しています。 大手企業、中小企業ともに厳しい人手不足となっており、「求人難」「人手不足」「労働力不足」による倒産が増加しています。大学生向けの就職コンサルタントによりますと「大卒だけでは採用枠が埋まらず、新たに高卒を採用する動きも出ている」とのことです。 大卒の就職率は、男子が+0.6ポイントの97.5%、女子が+0.2ポイントの98.6%。就職希望率も+0.6ポイントの75.3%で、全て過去最高となりました。 文系理系別の就職率は、文系が+0.9ポイントの98.2%だったのに対し、 […]

国公立大学医学部(前期)志願者数が大幅増減した大学ランキング【2018 最新 偏差値一覧】

国公立大学医学部(前期)志願者数が大幅に増加した大学ランキング ベスト5【2018年 最新 偏差値一覧】 2018年度 国公立大学医学部(前期)で志願者数が大幅に増加した大学ランキング ベスト5と人工知能AIが算出した最新の偏差値一覧 ランク 大学名 志願者数増加率(2017年比) 偏差値(2018年 最新 一覧) 1位 鳥取大学 +48% 65 2位 秋田大学 +42% 65 3位 長崎大学 +40% 67 4位 金沢大学 +34% 67.5 5位 鹿児島大学 +33% 66 東京、大阪、首都圏の難関医学部を避け地方の医学部を受験する動きが出た結果、地方の医学部で受験者数が大幅増している大学が目立つ。地方の医学部でも軒並み偏差値65を超えてきており受験難易度は高い!! 国公立大学医学部(前期)志願者数が大幅に減少した大学ランキング ワースト上位【2018年 最新 偏差値一覧】 2018年度 国公立大学医学部(前期)志願者数が大幅に減少した大学ランキング ワースト上位と人工知能AIが算出した最新の偏差値一覧 ランク 大学名 志願者数減少率(2017年比) 偏差値(2018年 最新 一覧 […]

2018年度 医学部の入学定員数は9419人|医学部の偏差値&入試難易度は依然高止まり

文部科学省によると、2018年度の国公立と私立併せた全81大学の医学部定員数は9419名で、2017年度の9420人から1名減少となりました。国公立大学医学部(前期)の志願者は2017年と比べて約5%減(約1000人減)となっていますが、医学部全体で見ると偏差値と入試難易度は依然として高止まりの状況で医学部入試は狭き門です。 医学部の定員は1997年から2007年までの10年間は7625人で抑制されていました。しかし、地方の医師不足が問題化したことを受け2007年に7793人まで増員。更に2009年には8486人に増員されました。 2010年~2017年は毎年臨時の定員増が図られ、また、2016年に東北医科薬科大学(定員100人)、2017年には国際医療福祉大学(定員140人)の新規医学部開設がされたことで、2017年度の医学部の定員は9420名まで増えました。 2017年度で終了する予定であった臨時定員増でしたが「地域枠入試」として2019年まで継続されることとなっています。 1997年の医学部の定員数は7625人でしたが、2017年には同9420人まで増え、20年間で1795人の定 […]

医学部の偏差値が軒並みアップ 過熱する医学部受験 合格率7%の狭き門

医学部人気が止まらない、過熱する医学部受験。医学部の偏差値が軒並みアップで合格率が7%に低下、地方の私立医学部でも超難関! 18歳人口は1990年代前半には200万人を超えていましたが少子化が進み減少、1992年のピーク時に205万人だった18歳人口は2017年には120万人まで減少しています。 次に大学志願者数の推移を見てみましょう。こちらも1992年のピーク時の大学志願者数は92万人でしたが2017年には68万人まで減少してしまいました。 【18歳人口】1992年 205万人→2017年 120万人 約42%ダウン↓ 【大学志願者数】1992年 92万人→2017年 68万人 約26%ダウン↓ ところが大学入学志願者数全体が減っているにも関わらず逆に志願者が増加している学部があります、医学部です。医学部への入学志願者は20年前は約9万人でしたが2017年には約13万人まで増加、2017年の医学部の入学定員数 約9400人に対し、約14倍の13万人の受験生が殺到、実質合格率は7%という狭き門となっています。 【医学部の受験者数】20年前 約9万人→2017年 約13万人 約45%アッ […]

地方の私大“公立化” で偏差値10以上アップの大学相次ぐ

地方の不人気私立大学が公立化で偏差値10以上アップ。定員割れから人気大学に変貌。偏差値20以上アップのケースも!! 今ブームとなっているのが”地方私大の公立化“。高知工科大学をはじめ、これまで10の私立大学が公立大学へと生まれ変わっています。 高知県の高知工科大のケース。それまで県内に大学の工学部がなかった高知県はハイテク産業の浮揚策として、1997年に県主導で公設民営方式の私立大学(公設民営大学)として同大学を創設。その後、2009年に公立大学として生まれ変わりました。 公設民営大学とは:地方公共団体が地元の活性化を狙い私立大学を誘致、資金や土地などを地方公共団体が提供し開学された私立大学。 高知工科大のように公立化した地方の私立大学はこれまで10大学を数えます。これらの大学の多くが、公立化以前は人気がなく定員割れ&低偏差値にあえいでいました。ところが公立化した途端に志願者が急増、地域トップクラスの人気大学へ変貌し偏差値が急上昇するという事例が相次いでいます。 2017年4月に私立から公立化した長野大学(長野県上田市)のケース。長野大では少子化の影響により受験者数が急速に […]

【最新】世界の大学ランキング2018「ランクインした日本の大学一挙公開!」

イギリスのタイムズが発行し、世界的に権威ある高等教育情報誌である「ザ・タイムズ・ハイアー・エデュケーション」から世界大学ランキングの最新版「THE世界大学ランキング 2018年版」が発表されました。 ランクインした大学は全世界で1102校。1位に輝いたのは、昨年に引き続きイギリスの名門「オックスフォード大学」。イギリス、アメリカ、スイスの大学が10位までを独占するという結果となりました。 日本からは89校がランクインし、100位以内には東京大学、京都大学の2大学がランクインしています。東京大学は世界ランク46位で日本の大学としては最上位(昨年は39位)、京都大学は74位と続きました(昨年は91位)。 大学名 2017年の世界ランク 2018年の世界ランク 東京大学 39位 46位(7ランクダウン) 京都大学 91位 74位(17ランクアップ) 上位100位以内に入った日本の大学は、東京大学、京都大学の2大学で、この数は国別で世界10位。中国、韓国も日本と同様100位以内に2大学がランクインしています。 ランクインした世界1102大学のうち日本の大学は89校。この数は、アメリカ、イギリス […]