2018年度 医学部の入学定員数は9419人|医学部の偏差値&入試難易度は依然高止まり

文部科学省によると、2018年度の国公立と私立併せた全81大学の医学部定員数は9419名で、2017年度の9420人から1名減少となりました。国公立大学医学部(前期)の志願者は2017年と比べて約5%減(約1000人減)となっていますが、医学部全体で見ると偏差値と入試難易度は依然として高止まりの状況で医学部入試は狭き門です

医学部の定員は1997年から2007年までの10年間は7625人で抑制されていました。しかし、地方の医師不足が問題化したことを受け2007年に7793人まで増員。更に2009年には8486人に増員されました。

2010年~2017年は毎年臨時の定員増が図られ、また、2016年に東北医科薬科大学(定員100人)、2017年には国際医療福祉大学(定員140人)の新規医学部開設がされたことで、2017年度の医学部の定員は9420名まで増えました。

2017年度で終了する予定であった臨時定員増でしたが「地域枠入試」として2019年まで継続されることとなっています。

1997年の医学部の定員数は7625人でしたが、2017年には同9420人まで増え、20年間で1795人の定員増となりました。一方で1997年の医学部への入学志願者数が約9万人であったのに対し、2017年の志願者数は約13万人と20年間で4万人も増加、医学部受験者数が大きく増えているのに対し定員数はそれほど増えていないのです

2017年度の入試では、医学部の入学定員数9420人に対し約14倍の13万人の受験生が殺到、実質合格率は7%の狭き門となっており、医学部全体の偏差値と入試難易度は軒並み上昇しています。

【医学部の定員数】1997年~2017年の20年で1795人増加
【医学部の入学志願者数】1997年~2017年の20年で約4万人増加

2017年 医学部の入学定員数9420人に対し受験者数は13万人、実質合格率は7%

医学部の偏差値と入試難易度は軒並み上昇し医学部受験は激化の一途!!

国立大学 医学部の定員数 2018年【最新版 一覧】

大学名 2017年度定員数(人) 2018年度定員数(人) 増減数
北海道大学 112 112 ±0
旭川医科大学 122 117 -5
弘前大学 132 132 ±0
東北大学 135 135 ±0
秋田大学 129 129 ±0
山形大学 125 120 -5
筑波大学 140 140 ±0
群馬大学 123 123 ±0
千葉大学 122 122 ±0
東京大学 110 110 ±0
東京医科歯科大学 106 106 ±0
新潟大学 127 127 ±0
富山大学 110 110 ±0
金沢大学 117 117 ±0
福井大学 115 115 ±0
山梨大学 125 125 ±0
信州大学 120 120 ±0
岐阜大学 110 110 ±0
浜松医科大学 120 120 ±0
名古屋大学 112 112 ±0
三重大学 125 125 ±0
滋賀医科大学 117 117 ±0
京都大学 107 107 ±0
大阪大学 110 110 ±0
神戸大学 117 117 ±0
鳥取大学 110 110 ±0
島根大学 112 112 ±0
岡山大学 120 117 -3
広島大学 120 120 ±0
山口大学 117 117 ±0
徳島大学 114 114 ±0
香川大学 114 114 ±0
愛媛大学 115 115 ±0
高知大学 115 115 ±0
九州大学 111 111 ±0
佐賀大学 106 106 ±0
長崎大学 125 125 ±0
熊本大学 115 115 ±0
大分大学 110 110 ±0
宮崎大学 110 110 ±0
鹿児島大学 117 117 ±0
琉球大学 117 117 ±0

2018年度 国公立大学医学部の志願者動向

国公立大学医学部(前期)の志願者数は2017年比5%減少

国公立大学医学部(前期)の志願者は2017年比5%減少(約1000人減)となり、昨年に続いて減少しました。18歳人口が2018年度から減少に転じたことが要因の1つです。

特に関東や近畿など大都市圏の医学部の志願者が減少しています。安部政権が推し進める経済政策「アベノミクス」の効果で企業業績が好調、更に深刻な人手不足が続いており、早めに内定を出し学生を囲い込もうとする企業も多く、2018年度卒業予定の大卒内定率は過去最高を記録しています。こうした状況下で特に大都市圏では大手企業が多いため、偏差値や受験難易度、学費が高い医学部を回避し医学部以外の学部に進路変更した受験生も多いと予想されています

ただし、受験者数が減少したからといって受験難易度が下がって合格しやすくなったと考えるのは早計です。国公立医学部偏差値ランキング上位10大学の偏差値が軒並み70を超えるなど医学部全体で見ると偏差値は依然高止まりしており、難易度は下がっていません。志願者数が減少しても、上位層の志願者が減らなければ難易度は下がらないのです。

  • 国公立大学医学部(前期)の志願者は2017年比5%減少(約1000人減)、昨年に続いて減少
  • 医学部全体で見ると偏差値は依然高止まりしており、受験難易度は下がっていない