偏差値40台でも就職に強い大学(3)|金沢工業大学

偏差値40台でも就職に強い大学(3)|ロボット工学に強い「金沢工業大学」

金沢工業大学(石川県野々市市)は、2013年、ベトナムで開かれた「ABUアジア・太平洋ロボットコンテスト2013」で世界一に輝いた。日本代表を決める日本大会の決勝では、東京大学を破っている。

「ABUアジア・太平洋ロボットコンテスト」は、東京工業大学、横浜国立大学などが出場常連校だが、そうした難易度の高い、高偏差値の大学を破り、国内大会では優勝3回、準優勝4回の好成績を誇る。

金沢工業大の特徴は、教員の5割が民間企業出身であること。グーグルでアルゴリズムの開発に携わった情報工学科の中野淳教授、花王の洗剤「アタック」の開発者ら、第一線の人材を揃えている。

金沢工業大では、創造的応用能力の育成に力を注いでおり、技術革新に柔軟に対応しその中核を担う技術者、研究者を育てることを重視している。同大関係者によると「金沢工業大の学生は受験勉強には向いていなかったかもしれないが、アイデアを具現化する探究や課題を見つけて解決する問題対応の分野で優れた能力を開花させる」と言います。

卒業生には、トヨタ自動車が発売した世界初の燃料電池ハイブリッド車FCHVの開発チーフエンジニアなど有能な技術者を多数輩出している。

教育付加価値日本一の大学」を目指し、入学時と卒業時の力の差を重要視しており、学生に対して課される課題が多い大学としても有名。学内には夢考房という作業場があり、旋盤、フライス盤、プリント基板製作機器などの工作機械を使い実習により、実践的な技術を習得することができる。夢考房プロジェクトと呼ばれるサークル活動が有り、ソーラーカー、ロボット、人力飛行機、建築デザインなどの分野で学生が主体となり様々な大会に参加、世界大会で優勝するなど高い成果をあげている。

それらの成果は大手企業から高く評価され地方の大学でありながら常に高い就職率を維持しており、2017年の就職率では、97.7%と卒業生数1000人以上の大学で1位となった。

金沢工業大学の偏差値は35~45で入学時の偏差値は高くはない。しかし、学生に対する企業からの評価は高く、就職先にはトヨタ自動車、富士通、コマツ、みずほ銀行、ソフトバンク、ヤフー、大林組、鹿島など有名大企業が並ぶ

金沢工業大学は偏差値は決して高くないが「入学後に学生が伸びる、就職に強い大学」としてその名を馳せています。

金沢工業大学の偏差値は35~45。

2017年の就職率は、97.7%と卒業生数1000人以上の大学で1位。

金沢工業大学

1965年に設置された、石川県野々市市に本部を置く私立大学。大学の略称はKIT、金工大。

金沢工業大学では大学の建学精神として以下の3点を掲げている。

  • 人間形成「人間味豊かな技術者、研究者として、高い道徳心と国際感覚を持った創造的で個性豊かな人材の養成を目指す」
  • 技術革新「確かな基礎学力の育成を基本において創造的応用能力の育成に力を注ぎ、将来の技術革新に柔軟に対応しその中核を担い得る技術者、研究者を育てる」
  • 産学協同「産業界の新しい息吹を前向きに取り入れながら、つねに時代が求めるテーマを積極的に追求し、広く開かれた大学として地域社会に貢献する」

付属図書館であるライブラリーセンターは工科系専門図書館としては世界最大級で、蔵書数は50万冊を超えており、貴重な資料が多数収蔵されている。

【動画】金沢工業大学|技術者としての原点となるユニークな合宿授業

金沢工業大学は能登半島の海辺に穴水湾自然学苑という教育施設を持っています。
そこで行われるのが「人間と自然セミナー」という2泊3日の合宿授業です。このセミナーは、海洋実習などに取り組む短期集中型の授業で、1年次から3年次までの3回、このセミナーを受けることが必修となっています。

初めて会う1年生同士でも海の上で一緒に手漕ぎ舟を漕いだり、夜間にコミュニケーションを取り同じ時間を過ごす事でお互いの距離を縮めることができます。最初は自分の意見を言うのが苦手だった人も1年おきのこの合宿で自分の成長に気づくことも多いと言います。

多くの卒業生が一番思い出深い授業としてこの合宿を挙げています。

金沢工業大学は建学の精神に人間形成を掲げています。 技術者である前に正しい人間であれ、そんな理念から生まれたのがこの「人間と自然セミナー」なのです。