【最新】世界の大学ランキング2018「ランクインした日本の大学一挙公開!」

イギリスのタイムズが発行し、世界的に権威ある高等教育情報誌である「ザ・タイムズ・ハイアー・エデュケーション」から世界大学ランキングの最新版「THE世界大学ランキング 2018年版」が発表されました。

ランクインした大学は全世界で1102校。1位に輝いたのは、昨年に引き続きイギリスの名門「オックスフォード大学」。イギリス、アメリカ、スイスの大学が10位までを独占するという結果となりました。

日本からは89校がランクインし、100位以内には東京大学、京都大学の2大学がランクインしています。東京大学は世界ランク46位で日本の大学としては最上位(昨年は39位)、京都大学は74位と続きました(昨年は91位)。

大学名2017年の世界ランク2018年の世界ランク
東京大学39位46位(7ランクダウン)
京都大学91位74位(17ランクアップ)

上位100位以内に入った日本の大学は、東京大学、京都大学の2大学で、この数は国別で世界10位。中国、韓国も日本と同様100位以内に2大学がランクインしています。
ランクインした世界1102大学のうち日本の大学は89校。この数は、アメリカ、イギリスに続く3番目の多さでした。

ちなみにアジアで最も順位が高かったのはシンガポール国立大学で22位となっています。

「ザ・タイムズ・ハイアー・エデュケーション」が発行する「THE世界大学ランキング 」は世界的に注目度が高く、留学する大学を選ぶ際の指針として世界中の留学生に使われています。ランキングの選考基準は研究や大学院教育が重視されており、「教育力、研究力、研究の影響力、国際性、産業界からの収入」などを選考要素として重視し順位が決められており、偏差値による順位付けである偏差値ランキングとは趣旨が異なっています。

文部科学省では、「THE世界大学ランキング」の上位200校に入る日本の大学を、2020年までに10校程度にまで増やすことが目標であるとしています。

ザ・タイムズ・ハイアー・エデュケーションは、イギリスのタイムズが新聞の付録冊子として毎年秋に発行している高等教育専門情報誌。
同誌ではワールド・ユニバーシティ・ランキングス(THE世界大学ランキング)を公表しており、世界大学ランキングの中でも最も権威があるランキングのひとつとして評価が高い。

ザ・タイムズ・ハイアー・エデュケーション 公式HP

「THE世界大学ランキング 2018年版」にランクインした日本の大学TOP10

  • 1位 東京大学(46位)
  • 2位 京都大学(74位)
  • 3位 大阪大学(201~250位)
  • 3位 東北大学(201~250位)
  • 5位 東京工業大学(251~300位)
  • 6位 名古屋大学(301~350位)
  • 7位 九州大学(351~400位)
  • 8位 北海道大学(401~500位)
  • 8位 東京医科歯科大学(401~500位)
  • 8位 筑波大学(401~500位)

※()カッコ内は世界ランク
東京大学は世界ランク46位で日本の大学では最上位。京都大学が世界ランク74位で同2位。

京都大学は2017年の91位→74位へと順位を上げている一方、東京大学は2017年の39位→46位と順位を下げました。調査担当者によると、東大が順位を下げた理由は、アジア諸国の大学のレベルが上がったことが大きいという。

アジアでの順位。アジアで首位だったのはシンガポール国立大学(世界ランク22位)。東京大学はアジアランク8位、京都大学は11位。

「THE世界大学ランキング 2018年版」にランクインした世界の大学TOP10

  • 1位 オックスフォード大学(イギリス)
  • 2位 ケンブリッジ大学(イギリス)
  • 3位 カリフォルニア工科大学(アメリカ)
  • 3位 スタンフォード大学(アメリカ)
  • 5位 マサチューセッツ工科大学(アメリカ)
  • 6位 ハーバード大学(アメリカ)
  • 7位 プリンストン大学(アメリカ)
  • 8位 インペリアル・カレッジ・ロンドン(イギリス)
  • 9位 シカゴ大学(アメリカ)
  • 10位 チューリッヒ工科大学(スイス)
  • 10位 ペンシルベニア大学(アメリカ)
THE世界大学ランキングの公式HP:[World University Rankings 2018|Times Higher Education (THE)]

「THE世界大学ランキング 2018年版」にランクインした日本の大学 一覧

  • 46位 東京大
  • 74位 京都大
  • 201~250位 大阪大、東北大
  • 251~300位 東京工業大
  • 301~350位 名古屋大
  • 351~400位 九州大
  • 401~500位 北海道大、東京医科歯科大、筑波大
  • 501~600位 藤田保健衛生大、首都大東京
  • 601~800位 会津大、千葉大、広島大、順天堂大、香川大、金沢大、慶應義塾大、神戸大、高知大、熊本大、名古屋市立大、岡山大、大阪市立大、東京農工大、東京理科大、早稲田大、横浜市立大
  • 801~1000位 中央大、愛媛大、電気通信大、岐阜大、浜松医科大、法政大、岩手大、東京慈恵会医科大、鹿児島大、関西医科大、近畿大、北里大、京都工芸繊維大、九州工業大、明治大、三重大、宮崎大、長岡技術科学大、長崎大、名古屋工業大、奈良県立医科大、新潟大、大阪府立大、立命館大、佐賀大、埼玉大、埼玉医科大、滋賀医科大、島根大、信州大、静岡大、昭和大、上智大、東海大、徳島大、東京海洋大、富山大、豊橋技術科学大、山形大、山口大、山梨大、横浜国立大
  • 1001位~ 秋田大、千葉工業大、同志社大、福井大、兵庫県立大、茨城大、神奈川大、関西大、工学院大、関西学院大、名城大、大分大、芝浦工業大、東京都市大、東京電機大、鳥取大、東洋大、宇都宮大

※ランクインするには、大学が自主的にエントリーすることが必要となっており、自主的にエントリーしなかった大学は選考外。

ランキング上位には、東京大を筆頭に、京都大、大阪大、東北大、名古屋大、九州大、北海道大といった旧帝大がランクインしています。

帝国大学とは、1886年(明治19年)に公布された帝国大学令によって設立された旧制高等教育機関で現在の大学に相当する。最終的に、内地に7校(七帝大)、日本統治下にあった外地に2校(韓国、台湾)設置された。戦前には帝国大学は帝大と呼ばれていた。戦後は旧帝国大学、旧帝大と呼ばれている。

七帝大は東京大学、京都大学、東北大学、九州大学、北海道大学、大阪大学、名古屋大学の7大学。外地にあった帝大は、台北帝国大学(現在の国立台湾大学)、京城大学(現在のソウル大学)

「THE世界大学ランキング 2018年 アジア版」にランクインしたアジアの大学TOP10

  • 1位 シンガポール国立大学(シンガポール)
  • 2位 清華大学(中国)
  • 3位 北京大学(中国)
  • 4位 香港大学(香港)
  • 5位 香港科技大学(香港)
  • 5位 南洋理工大学(シンガポール)
  • 7位 香港中文大学(香港)
  • 8位 東京大学(日本)
  • 9位 ソウル大学(韓国)
  • 10位 韓国科学技術院(韓国)

英タイムズ・ハイヤー・エデュケーションは、「THEアジア大学ランキング2018 最新版」を発表。

1位は3年連続でシンガポール国立大学。日本勢トップの東京大学は2017年の7位から1ランク順位を落とし8位でした。

THEアジア大学ランキングは、THE世界大学ランキングと同様に、学力重視の偏差値による順位付け(偏差値ランキング)とは一線を画しており「教育力、研究力、研究の影響力、国際性、産業界からの収入」などを選考要素として重視し順位が決められています。2018年版ではアジア25か国の350大学をランキング形式で公表しています。

もっとも多くの大学がランクインした国は日本で89大学がランクイン。
日本勢は2017年の69大学からその数を増やしました。

2番目にランクインした大学が多かったのは中国で63大学、インドが42大学で3位となりました。

東京大学は2013年~2016年まで3年連続で1位でしたが、経済的に躍進しているシンガポールや中国の大学の評価が高まっており、順位を落としています。

THEアジア大学ランキング2018の公式HP:[Asia University Rankings 2018: results announced]

「THEアジア大学ランキング 2018年版」にランクインした日本の大学 トップ10

  • 1位 東京大学(8位)
  • 2位 京都大学(11位)
  • 3位 大阪大学(28位)
  • 4位 東北大学(30位)
  • 5位 東京工業大学(33位)
  • 6位 名古屋大学(35位)
  • 7位 九州大学(48位)
  • 8位 北海道大学(55位)
  • 9位 東京医科歯科大学(60位)
  • 10位 筑波大学(63位)

※()カッコ内はアジアランク

日本勢トップは東京大学でアジアランク8位、続いて京都大学が同11位、大阪大学が同28位、東北大学が同30位にランクイン。30位以降は東京工業大学、名古屋大学、九州大学、北海道大学、東京医科歯科大学、筑波大学の順となっています。

アジアランク100位以内には11の日本の大学がランクインしました。