大卒就職率 過去最高の98%を記録|人手不足で 「売手市場」が鮮明に

文部科学省と厚生労働省は、今春卒業した大学生の就職率(2018/4時点)が前年比 +0.4ポイントの98.0%だったと発表しました。98.0%という数値は過去最高であり、就職戦線の「売手市場」がより鮮明になっていることがわかりました。

この春、卒業した大学生の就職率は98.0%と3年連続で過去最高を更新しました。今春卒業の高校生の就職率も+0.1ポイントの98.1%と8年連続で改善。バブル期の1991年以来、27年ぶりの高い水準となりました。文部科学省は「景気回復に伴い、企業の採用意欲が向上している」と分析しています。

大手企業、中小企業ともに厳しい人手不足となっており、「求人難」「人手不足」「労働力不足」による倒産が増加しています。大学生向けの就職コンサルタントによりますと「大卒だけでは採用枠が埋まらず、新たに高卒を採用する動きも出ている」とのことです。

大卒の就職率は、男子が+0.6ポイントの97.5%、女子が+0.2ポイントの98.6%。就職希望率も+0.6ポイントの75.3%で、全て過去最高となりました。

文系理系別の就職率は、文系が+0.9ポイントの98.2%だったのに対し、理系は-1.5ポイントの97.2%でした。文系の就職率が理系を上回るのは1997年の調査開始以来初めてです。厚労省では「就職に必要な医療系などの資格試験に落ちた理系学生が、景気が良いため資格を得てから就職したいと考えるようだ」と指摘しています。

地域別の就職率は、中部が99.5%と最も高く、次いで関東が98.5%、九州が97.5%、中国・四国と近畿が97.4%、北海道・東北が97%となっています。

厚生労働省と文部科学省は「経済の回復基調にともない企業の採用意欲が改善し、求人が多い状態が続いている。人手不足のなか就職先がない生徒や学生に対して引き続き支援していきたい」としています。

就職戦線の「売手市場」が鮮明化
大学生の就職率は98.0%と3年連続で過去最高を更新

平成29年度大学等卒業者の就職状況調査(4月1日現在)

平成30年5月18日
文部科学省では、平成30年3月大学等卒業者及び高等学校卒業者の就職状況を調査し、このほど状況を取りまとめましたので、公表いたします。
なお、大学等(大学、短期大学、高等専門学校及び専修学校)の調査は厚生労働省と共同で行いました。

取りまとめの結果、大学生の就職率は98.0%(前年同期比0.4ポイント増)となり、調査開始以降で過去最高になりました。 また、高校生の就職率は平成3年3月以来27年ぶりの高水準となりました。

文部科学省は、厚生労働省及び経済産業省と連携し、大学等及び高校の就職相談員等と新卒応援ハローワークのジョブサポーターとの連携やキャリア教育の推進などの取組を通じた就職支援を行ってきたところです。

未就職のまま卒業した方に対しては、引き続き、大学等及び高校と新卒応援ハローワークが連携し、継続した支援がなされるよう、努めてまいります。

【就職率の概要】
(大学等) 大学(学部)は98.0%(前年同期比0.4ポイント増)。

  • 短期大学は99.1%(同2.1ポイント増)
  • 大学等(大学、短期大学、高等専門学校)全体では98.2%(同0.5ポイント増)
  • 大学等に専修学校(専門課程)を含めると97.9%(同0.4ポイント増)

(高校) 高校は98.1%(前年同期比0.1ポイント増)。

出典:「文部科学省 平成29年度大学等卒業者の就職状況調査(2018/4)」