TAG

医学部の偏差値

医学部の偏差値

2018年度 医学部の入学定員数は9419人|医学部の偏差値&入試難易度は依然高止まり

文部科学省によると、2018年度の国公立と私立併せた全81大学の医学部定員数は9419名で、2017年度の9420人から1名減少となりました。国公立大学医学部(前期)の志願者は2017年と比べて約5%減(約1000人減)となっていますが、医学部全体で見ると偏差値と入試難易度は依然として高止まりの状況で医学部入試は狭き門です。 医学部の定員は1997年から2007年までの10年間は7625人で抑制されていました。しかし、地方の医師不足が問題化したことを受け2007年に7793人まで増員。更に2009年には8486人に増員されました。 2010年~2017年は毎年臨時の定員増が図られ、また、2016年に東北医科薬科大学(定員100人)、2017年には国際医療福祉大学(定員140人)の新規医学部開設がされたことで、2017年度の医学部の定員は9420名まで増えました。 2017年度で終了する予定であった臨時定員増でしたが「地域枠入試」として2019年まで継続されることとなっています。 1997年の医学部の定員数は7625人でしたが、2017年には同9420人まで増え、20年間で1795人の定 […]

医学部の偏差値が軒並みアップ 過熱する医学部受験 合格率7%の狭き門

医学部人気が止まらない、過熱する医学部受験。医学部の偏差値が軒並みアップで合格率が7%に低下、地方の私立医学部でも超難関! 18歳人口は1990年代前半には200万人を超えていましたが少子化が進み減少、1992年のピーク時に205万人だった18歳人口は2017年には120万人まで減少しています。 次に大学志願者数の推移を見てみましょう。こちらも1992年のピーク時の大学志願者数は92万人でしたが2017年には68万人まで減少してしまいました。 【18歳人口】1992年 205万人→2017年 120万人 約42%ダウン↓ 【大学志願者数】1992年 92万人→2017年 68万人 約26%ダウン↓ ところが大学入学志願者数全体が減っているにも関わらず逆に志願者が増加している学部があります、医学部です。医学部への入学志願者は20年前は約9万人でしたが2017年には約13万人まで増加、2017年の医学部の入学定員数 約9400人に対し、約14倍の13万人の受験生が殺到、実質合格率は7%という狭き門となっています。 【医学部の受験者数】20年前 約9万人→2017年 約13万人 約45%アッ […]